接骨院とは何をしてくれるところ?

query_builder 2020/12/01
コラム
街中で「接骨院」という看板をよく見かけますよね。
しかし接骨院がどういう場所で、体のどういった不調を治してくれる場所なのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は接骨院とはどういうところなのかを解説します。

▼接骨院とは骨つぎやマッサージをしてくれるところ

接骨院とは、柔道整復師による施術を受けることができる場所です。
骨つぎやマッサージを主に行い、骨折や脱臼、打撲、ねんざなど、骨や筋肉の不調を治療するのに効果を発揮します。

ちなみに接骨院は、別名で整骨院とも呼ばれます。
名前が違うだけで両方とも内容は同じです。

■医療行為はできない

柔道整復師は医師免許を持っていないため、「医療行為」とされる処置を行うことができません。

医療行為とは、例えば注射や手術、薬の処方、レントゲン検査といったものです。
こうした内容の治療を希望する方は接骨院ではなく、病院で診察を受けましょう。

■健康保険が使える場合もある

接骨院は病院ではありませんが、一定の治療効果が認められているため健康保険が適用される場合があります。
例えば、下記のような治療に健康保険が使えます。

・ねんざ
・打撲
・挫傷
・肉離れ
・骨折
・脱臼

骨折と脱臼に関しては、医師による指示がない場合は応急的な処置のみとなります。
医療機関と重複して保険の適用を受けることはできないので、注意してください。

▼まとめ

明らかに命に関わる怪我をしている時は病院に行くべきですが、慢性的な体の不調がある場合は、接骨院で相談すると解決できることが多いです。
接骨院とはどういう場所かを理解した上で、上手に接骨院を利用してくださいね。